Entries

スポンサーサイト
[EDIT]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東急旧6000系グレードアップ
[EDIT]
憧れ(いつそんな存在に!?)の東急旧6000系が模型化したということで、細かいところまでこだわりはじめている今日この頃。
こちらのブログを参考に床下を入れ替えたり(どうやら機器箱をぶっこ抜く必要があるようです。まあ気が向いたときにでもやはり単純に台枠丸ごとの移動だけでいいようです)、ヘッドライトの周囲に色をさしたり、先頭車の連結器脇にグリーンマックスの旧7000系用のあまりを流用して電空連結器を取り付けたり、パンタを調達したり、ステッカーを貼ったり。ステッカーの切り方が汚いのなんの(T_T)
編成によるのか時期によるのかはわかりませんが、アンテナが濃い青緑の写真もいくつか見つかっています。

電空連結器、いわゆるエアホースとジャンパ栓に繋ぐ引き通し線はカプラーポケットが邪魔なのでこんな感じで両サイドをぶった切ってみっつに分けます。
連結器をぶった切る
で、接着。
連結器周りのボリュームアップ
ブレちゃってて分かりにくいですが、パンタ付きの先頭車を正面にしたときにこっちから見て左側にホース類が来るので、パンタがないこの先頭車は右側につけなきゃならんのでした。ので、あとで左右を入れ替えました。

パンタグラフの乗せ替え。
デフォルトで載っているパンタは同8500系と同じPT42系統を模したと思われるものですが、鉄コレ6000系が収まっているケースの諸元表にはPT43Bの表記があります。ということで、GreenMaxのPT43Nを調達。普段アテにならないwikipediaも写真ばかりはまさに真実を写していて、PT43であることがわかります。
PT43
東急は旧3000系でもPT42ファミリーを使っている(写真が見受けられる)んですが、旧7000系のおそらく初期車あたりまでPT43も使っています。憶測ですがPT43ではじまって、旧7000系の比較的早い時期からPT42に切り替えたから、他の車両もPT42に載せ替えていったんじゃないかなと。
その後菱形パンタは8500系の8637Fから採用がはじまった地下鉄対応のPT44系です。なので9000系から2000系までかな?は少々小型になっているとより実感的です。というかそのくらいしないとPT42だらけで飽きてくるかと(苦笑)

さて。ちょっと残念なのが、急行の場合側面にも細長い急行板を取り付けるようなんですが、ステッカーはありません。さすがにPCで自作してまでやる気は起きないので放置しますが(笑)
側面の急行板はたぶん5000系あたりから8000系が登場した後ほんの一時まで使われています。その後8000系は急行と快速が書かれた種別幕を取り付けて、種別に合わせて裏からライトで照らす、各停では消灯という、伊豆箱根鉄道で3000系とか5000系の中期車までに見られる行き先表示のようなやり方だったそうです。
サイドビュー
サイドビュー。特徴的な台車が見難くなってます…。
ヘッドライトはいずれきちんとツライチにしたいですね。
スポンサーサイト
たまには
[EDIT]
9日に手元に届いた、電車市場限定 鉄コレ 東急6000系。
鉄コレ 東急6000系
東急車両製造横浜製作所のイベントで先行販売されて、3月3日から電車市場での期間限定販売されています(弘南6000は公式発表がないものの一般販売しているようです @03.25追記 さらに追記@04.11:公式発表もありました)。
増備数わずか20両、模型もHOが一社(カツミ)から出てたくらいの不遇な存在だった旧6000系が、こうして日の目を浴びる日が来ることは嬉しいものです。一方、新3000系が不遇な存在になってしまいましたが…。
ちなみに日本のインバータ制御車としては2番目に営業運転を始めたのがこの6000系で、技術的には注目度は高いと思います。

そういえば同8500系もだいぶ前に6両1編成が入線していますが、記事にした記憶がないです(^^;
小田急1000形もかな…?(^^;;

以上息抜き記事でした。
これを機に舵を戻していくのが理想なんですけどね(^^;;
7700系、接着剤に溺れる
[EDIT]
ということでもう後がない東急7700系の修復作業ですが、裏面に塗っていたはずの接着剤が表側に回り込んでしまったようで、コルゲートを中心に接着剤に浸かってしまいました。念を入れすぎたか...。接着剤はコルゲートの間に入り込んだ分まで剥がせるはずもなく、カッターでコルゲートごと削ぎ落とすことに。コルゲート板を買う必要があるようです...。昔(14年前)のカタログで4枚入り400円...通常価格で買うことはまずないにしても高いなぁ。
一先ず組み直してさらにランボードとクーラー、無線アンテナを取りつけ。で、屋根の塗装に使っていたねずみ1号が切れてしまいました。やっぱり屋根の突起を先に削っておくべきだったかな...と今更後悔しても仕方ないので車両製作は中断です。ほかの色でもいいんですが、写真を見る限り一番近そうなんですよね...。あ、シルバーも切らしてた...
今回のワンショット
手ブレも傾きも後ろのグダグダも気にしない!ちなみに浸水被害に遭った車両は今回後ろ向き...。
7700、またも壊れる
[EDIT]
ということでタイトル通りGMの東急7700系がまたも壊れました。壊れたというかもうちょっとキレイに~なんてやってたらまたしても塗料の被膜とか接着剤でぼこぼこになって、やすりがけしたらさらに悪化して...で最後の先頭車化改造用パーツに交換しようと思ったら切断に失敗して乗降扉崩壊、一気にやる気が失せて今に至っています...。
しかたないので目の保養。
ATLAS #10 片開き+東海373
ATLASの#10に載せてみたの図。
#10 の実力...俯瞰
#10には特急が似合います(実物なら在来線でも相当小型だけど、しょせんは模型。うちでは番数が1/2になっていると言い聞かせて使っています)。

...しかし目を癒したって意味がないっ!というわけでその後、一番最初に手を付けた中間車を解体して側板を確保、切断して最後の1つになった先頭車化改造パーツを組み合わせて完全に接着されるのを待っているのがこちら。
背水の陣、7700系
今度出来が悪くてももう弄れません(泣)もちろんGMにパーツを注文すれば何度でもやり直しは効くんですが当然有料なので...
今日の進捗
[EDIT]
8月2日更新分で思いっきりはみ出したような姿を見せていた東急7000/7700系の補修作業がおおむね終了。主立った作業対象は接着剤その他でぼこぼこだった乗務員室側板を先頭車化用の側板パーツと交換することでした。やり直しが通用するのはズブの素人にはありがたい限り。ただし乗務員室扉手前側にコルゲートがありません。自分はそこまで気にしないので放置しますが、この問題点もコルゲート板を購入すればクリアできます。スバラシイ!
補修が済んだGM 東急7000系先頭車
補修後。左に転がっている欠片が補修前
屋根上や床下がすっからかんだったり合わせ目が目立ったり屋根が汚れてたりしていますが、その辺は後々の作業として。一応7700系として製作中ですが、意図的にパイオニア台車を使っています。アウターディスクの台車が好きなもので(^^;
床下機器については黒塗料を入手したので塗装だけはしてあります。ランナーに繋がったまま...

 すべて表示

今日の進捗
[EDIT]
モジュール製作に向けてちまちまと…
ユニトラックS186を定尺に切り出す1
今回は25m定尺レールに限りなく近い長さに切り出す作業。レールはユニトラックのS186で、1本だけ#6ポイントに使うので3本確保。すでにずれてますがまだレールそのものは切断されていないのでノープロブレム(苦笑)。手前に転がっているのはすでに切り出し終えたものの残骸。
ユニトラックS186を定尺に切り出す2
道床を切断したら横へスライド。道床だけすぽーんと抜けてこんな姿に。ちなみにファイントラックではガッチリ固定されているのでレールごと切断になります。が、レールが邪魔をして結構切りにくいです。
閑話休題。はみ出たレールを166mmの位置でニッパーでプチン。で、素っ裸になった道床もジョイナーの根元ぎりぎりで切断して、やすりで平らにしてから接着して再利用します(写真下)。
ユニトラックS186を定尺に切り出す 完成
が、この最後の1本だけやり過ぎで道床ポッキリ(写真上)。仕方ないので篠原のジョイナーで接続することにしました(ファイントラックのは厚みがあるので加工が必要)。どうせ篠原のフレキも使うのでかえって好都合。
あとで篠原のフレキからも切りだす予定で、1000mm÷166mmなので6本ほど追加できる計算。すでに6本あるので全部で12本、13回ほど定尺レールのジョイント音を奏でるモジュールができ上がることになります。
問題はベースボードだなぁ。スチレンボードを何枚か持っていますが、単線用に細く切り出すのは勿体ないし、複線にするのはレールの切り出しが手間だし(定尺に切り出さなくてもいいけどどうしたものか)、300mm幅のまま使うとシーナリーばかりになっちゃうし(^^;
模型の進捗状況
[EDIT]
ついに8月に入ってしまいました。今年は数年ぶりの猛暑で各地で熱中症で亡くなられた方、病院に搬送された方大勢がいらっしゃいます。水分補給や熱さ対策はしっかりしましょう。

さてさて模型の製作状況。相変わらずモジュール製作は手付かずですが、東急7700系が箱の形になりました。

中間1両は一番最初に手を付けたというだけあって一番仕上がりが酷いので3両編成ということに。これにクーラーキセやらランボードやら床下機器やらを取り付ければ一先ず完成ですが、屋根上の配管?はどう削ぎ落とせばいいのかわかりにくいし、パンタグラフも買い忘れてたみたいだし、塗料に黒がないしでさあどうしたものか。あ、帯は紙に塗料塗って接着剤でぺたりの予定。
とりあえず線路に乗っけてほかの車両との3ショット。
3ショット
9000系は放置していた中間車も完成させて4両に。7700はフラッシュでハレーション...一番奥の車両が脱線してるんじゃないかと思うほどずれていますが、これでもちゃんとレールに乗っかっています。つまりC541でも凄まじいカーブだということです(汗) まあ組み立てた際の捩れもあるかもしれませんが...。このレール配置は、立体交差化が進んでいる京王線の調布がモデル。レールがボードからはみ出していますが、十分に構想を練ってからつぎ足します。そして9000系と209系の間に突っ立っている側壁はホームの擁壁になる予定。材料はいうまでもなくワイドPCレール用の側壁です。
9000系と209系が接近している部分のカーブは、定番のC541を緩和曲線として使い、その先にタコ糸を道床の下に貼り付けたカント付きC280を繋いでいます。そのためかC280の急カーブにしてはなかなか自然な感じに見えます。しかし9000系の方にはY208が待ちかまえているため、1両分手前にいたら目も当てられない姿だったかもしれません(^^;
最後に組み立てた9000系中間車はクーラーキセの通風口に軽くウェザリングを施してみたり。気が向いたらほかのキセにも施し...たいですね。
GM 東急9000系
台車がとんでもないことになってるっぽいですね...。
7700についてはいろいろとトラブルがあったんですが、その辺については後々この記事に追記していきます。
模型 - 近況報告
[EDIT]
ほとんど買って積み上げただけですがたまには鉄道模型の方も報告しましょう。写真がないので看板娘たちもお休み(コラ)

まずストラクチャー。
グリーンマックス(GM)のビジネスビルを基×4、増×1で購入。でもフロア数を稼ぐためにL型に組んで、あまりの1F部分はどこかに仕込もうかと画策中。困ったことにそれ以降ずっと眠い日々が続いたんですが、持病の薬を元に戻したらいくらか軽くなりました。
そんなこんなでやっと組立に取り組みました。まあブログを読んでいただければわかる通り色々とやってるんで恐ろしいほどスローペースのままだと思いますが。
で、余りなどから流用した出入り口のガラスパーツ。今回作るのは家電店の予定なので出入り口を開放状態にすべくガリガリとPカッターで切れ目を入れ、適当な頃合いでニッパーで切ろうとしたのが間違いでした。2つも割れてしまいました(泣)

続いてまったく敷設が進まないレール。だいぶ前にATLASの#10片開きを3本、半径71インチ(1803.4mm、実物換算270.5m)の雄大なカーブレール6本入りを1セット輸入。これは見ていて癒されます。
ATLAS #10 R/H
ほかにシノハラのシーサスを2つ、ヤードポイントを1本、3wayを2本、#6DSSを1つ、#6カーブポイントを1本、#8片開きを1本購入。2つ購入したシーサスのうち1つは#6DSSを仕込んでみる予定。元から持っていた#4DSSをSSSに改造してみたり。走るかしら(苦笑)
いじくり倒されたシノハラDSS
TOMIXの製品化速報のページで専用の鉄路柵を仕込んだワイドレールに感動して自分のにもやってみたり。相当出費しました(泣)

後々写真を付け足していきたいです。
TOMIXカントレール
[EDIT]
しおり「先月末、TOMIXからカントレール(ワイドPCレール)の発売と相成りました。
    発売日当日に購入していましたが、いろいろあって今日レポートします」
茜「パッケージはフックを通す穴付近が白っぽくなり、Wideとカントをイメージした
  ロゴが付いています」
しおり「奥にS280-WP、手前にS140-WP、その間を45度分のアプローチレールで結んだ
    複線にトラスタイプの架線柱を建てて、373系とともに撮影してみました」
TOMIX ワイドPCレール
茜「架線中があるだけでずいぶん違うね」
しおり「うんうん。国電もいいけど373系も格好良い♪」
茜「今回、道床の色がだいぶ青っぽくなって、従来のレールと接続するとかなり
  違和感があります。バラストを撒いたばかり、という雰囲気がさらにアップ(汗)」
しおり「ちなみにユニトラックと違って架線柱は従来の製品で代用できます。
    この辺はさすがTOMIX、といったところでしょうか。」
茜「架線柱を建てるときはベースを使わず、道床に設けられた穴に挿し込みます。
  カーブレールは22.5度単位、ストレートレールは140mm単位で開けられていて、
  複線間隔を維持するためのジョイントかこの穴を塞ぐためのパーツも
  取り付けられます」
しおり「写真はありませんが鉄道コレクションの富山ライトレールも購入し、
    今は動力化も済んでいます」
レイアウト制作記 GMビジネスビル
[EDIT]
しおり「今回からレイアウト製作記がこちらにお引っ越しとなりました」
茜  「これまでの経緯は旧レイアウト制作記を読んでいただくとして、
    ここでは引き続き、私たちがお送りしまーす♪」
しおり「さて今回は、グリーンマックス ストラクチャーシリーズの新製品、
    ビジネスビルの建築です」
茜  「久々の更新だね(汗)。ここのところはグリーンマックス(GMと略)の旧製品の
    ビルキットの制作なんかをちまちま進めていました」
しおり「新製品のビルは選択式の壁パーツと前後左右、そして上にも拡張することができる
    という拡張性の高さをウリに登場したわけですが、壁の種類はかなり限られていて
    しかもそのまま組み立てると窓だらけになってしまうという困った一面も
    あったりします」
グリーンマックスビジネスビル背面
グリーンマックスビジネスビル正面

茜  「ちなみに今はこんな状態。基本セットに増設セット1つを積み上げた
    5階建てだね。背面の窓が少なくなっているけど、
    買ったままではこんな風には作れません。じゃあどうなっているのかというと、
    実は以前購入した基本セット2つから剰余パーツを流用、
    それでも足りないので1階用の壁をカットしてはめ込んだ箇所もあります」
しおり「初めてこれを買った頃のロットは壁面がものすごく波打ってしまうという問題点が
    あったのですが、横幅のあるビルがもっと欲しい、ということで
    1から作り直すことにして改めて買い直しました。
    金型が改良されたようで、結果は良好です☆」
茜  「GM、トミックスともに5階建てばかりなので7階分買ってあります。
    あと1ブロック組めばとりあえず完成です」
しおり「ちなみに設定はテナントビルということ以外決まっていません(汗)」
ブログデザインを変更しました。
[EDIT]
RSSではなく直接来ていただいている方はわかると思いますが、ブログのデザインを変更しました。カレンダーとかがあったサイドバーが右にすっ飛んでしまいましたが当面これで行こうと思います。なかなか慣れることができない方、申し訳ありませんm(_ _)m
それから、今後もサイトとブログを充実・維持するためにアフィリエイトとPayPal送金をスタートしました。もしよかったらご協力ください。ご協力頂けた方にはホームページで公開している画像・走行音の中からお好きなものひとつ、元データ(縮小前の画像・圧縮前の走行音)を差し上げます。走行音の場合もともとがmp3の場合もありご希望に沿えない場合もありますのでご了承ください。

それはそうと、我が家の鉄道模型に新しく373系が加わりました。懐の都合で基本3両のみですが...
373系
カントレールの実験用にユニトラックを買ってみましたが、このシーンをFineTrackで再現できる日が待ち遠しいです(笑)web収入次第かな
編成は短いですが前面表示は憧れの(そして今は亡き)「東海」で行こうかと思います。
作る楽しさ満喫!
[EDIT]
風邪がもうちょっと落ち着くまで休憩です。
今はだいぶよくなているようなんですが、まだ鼻と喉の調子が優れません。喉なんかはふいに刺激を感じてむせます(^^;
鼻も詰まったり鼻水が出たりと落ち着かないので、もうしばらく様子見です。25日までには治るかな...(しおさいで千葉遠征の予定)。
そういえば、鼻って常に片方だけが通ってるということを聞いたことがあります。私も実際そうで、通る方が変わるころに一時的に両方の鼻が通る、といったことがあります。

どうでもいいことはこの辺にして、18日に完成したGMのストラクチャー(公団住宅)をアップです。でかける前に作っていたので、元気なうちに完成しました。
作業は比較的簡単で、すごく楽しかったです♪

GM公団住宅

塗装はGMの西武アイボリーとコピックのE49。屋根などのコンクリ部分は無塗装としました。
え?と思ったかと思いますが、コピックはプラモデルのウェザリング(汚れ表現)に使われることがあるんだとか。だったら普通に塗装もできるだろうということでやってみたら無事塗装できました。
私の場合コピックの方が色数が多くGMカラーはほとんど持っていないので、今後もコピックが活躍しそうです。エアーブラッシングシステムも買っておいて良かった(^^)
これに気を良くして東急7000系やら車上駅やら買ってしまいました(笑)
久しぶりに鉄道模型が元気!
[EDIT]
最近鉄道模型の方がご無沙汰なので、少し様子をお伝えします。
今後もまとめるまでは先にここにupするので一緒にお付き合いください。
詳細はこちらをご覧ください

まず支線から。これまではまさに一本道でぐるっと180度くらいターンしただけでした。
現在はこの通り、行き違い施設ができています。将来はホームを置く予定なので複線間隔を広めにとってあります。ホーム長としては約4両分。両開きと片開きとで分岐しています。
両開きは通過列車を考慮して半径の大きいPECO code80、片開きは#6としました。しかし#8にする計画があるようで、すでにポイントが準備されています。
写真には写っていませんが、片開きの先には緩やかなS字カーブが待っています。
夕月支線の様子1 07.10.17夕月支線の様子2 07.10.17


つづいて本線です。こちらは人の配置のみです。ジオコレの乗る人々と歓楽街の人々です。歓楽街の人々はAB両方買いました。
本線の様子1 07.10.17本線の様子2 07.10.17本線の様子3 07.10.17

ずいぶん賑やかになって嬉しいですがもっと増やすつもりです。

実は...GMのストラクチュアキットを作っています。上手く作れるといいな。

Appendix

プロフィール

さくらゆーな

Author:さくらゆーな
鉄道熱が再燃して、撮影に模型にいろいろやってます。
最近反核運動に偏ってるのを反省したいけど
知れば知るほど極悪非道な界隈で止まらない…

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

最近の記事

カテゴリー

検索フォーム


キーワード

カウンター

トータルカウンター
現在の閲覧者数:

ads3

Mac ソフトのことなら act2.com

Make a donate

もしこのブログを気に入っていただけたら上記アフィリエイトプログラムか下のPayPalでブログ・サイトの維持にご協力ください。

donationPrice

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。