Entries

スポンサーサイト
[EDIT]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Taco HTML Edit
[EDIT]
今WebオーサリングツールというとAdobeがマクロメディアを買収し、GoLiveが切り捨てられてしまい、DreamWeaverが最右翼という状況でしょうか。
元来Mac専用としてリリースされたGoLiveが切り捨てられてしまったのは正直腹立たしいのですが(自分がGoLiveユーザであることもある)、時代の流れということで諦めるしかないんでしょうかね。

タグ入力型というと、OS X以前から高い評価を得ていたFTPソフト、Transmitを開発したPanic社のCodaが人気みたいですね。
しかしながらこのCoda、入力が結構もたつきます。統合ツールなんだから重くて当然なのかもしれないんですが、Jedit Xで慣れた私にはストレスでした。しかもタグ挿入の補助は自動補完とクリッピングしかなく、これもJedit Xでマクロを使ってメニューなりボタンなりを駆使して編集してきた私にはいまひとつ合いませんでした。

そこで、メニュータイプでなおかつ動作が軽快なHTMLに特化したエディタを探した結果、すでにインストールしてあったTaco HTML Editが軽快で、数こそ少ないもののメニューからのタグ挿入も可能、パレットを開けばあらゆるタグを、対応する属性値を設定して挿入することもでき、おまけにシンタックスチェッカ付きで、まさに私が求めていたエディタでした。FTP機能はありませんがそんなものは別途FTPソフトに任せればいいことです。
一方で欠点を挙げると、一度これで保存するとクリエータコードやファイルタイプコードを削除してしまうので、実用上の問題はないにしてもちょっと気持ち悪いですかね。

手元にあったのはフリーウェア時代のものですが、久々にサイトを訪れてみるとシェアウェアになっていました。フリーウェア時代は暫定対応だったXHTMLに完全対応し、コンポーネントライブラリなるものが登場、しかもプロジェクトウィンドウにもタブを表示できるようになり、プロジェクトウィンドウ主体で作業できるようになっています。これはもう即決でした。

コンポーネントライブラリは主にシンプルなAjaxでサイトに格好良いインターフェースを与えられるもので、つい最近東急新6000系のコーナーの写真表示に使ってみました。
当然ながらウィザード形式なので、サムネイルと拡大画像へのリンクを設定するだけでおしまい。見た目のカスタマイズもある程度可能で、サイトの配色に見合った色に調整したり、1ページの行数も列数も設定できます。もちろん写真表示以外にも色々あるので少しずつ取り入れていこうかと思います。マニュアルを読めば自作もできるんじゃないかとは思いますが、読む気になれないです(^^;

お値段は$24.95で、未登録時は30日間のトライアルバージョンとして動きます。英語だけなんですが学校で習った程度で十分理解可能です(マニュアル読むときはそうはいかないと思いますが)。なかなかいい買い物でした。

Taco HTML Edit by Taco Software
http://tacosw.com/index.php
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

さくらゆーな

Author:さくらゆーな
鉄道熱が再燃して、撮影に模型にいろいろやってます。
最近反核運動に偏ってるのを反省したいけど
知れば知るほど極悪非道な界隈で止まらない…

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

+ アーカイブ
 

最近の記事

カテゴリー

検索フォーム


キーワード

カウンター

トータルカウンター
現在の閲覧者数:

ads3

Mac ソフトのことなら act2.com

Make a donate

もしこのブログを気に入っていただけたら上記アフィリエイトプログラムか下のPayPalでブログ・サイトの維持にご協力ください。

donationPrice

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。