Entries

スポンサーサイト
[EDIT]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
原発賛成派がとった行動
[EDIT]
原発に関する記事ばかりですが、悲しい現実は伝える必要があります。

これまでに大勢の原発賛成・中立・日和見派と議論を繰り返してきたことはブログだけ読んでいる方でもご存知でしょう。
残念なことに、これらに該当する人々は完全に自己中心・カネ目当てであり、他人のことはまったく見えていないことが二人の賛成派によって証明されました。
まず一人はそもそも聞く耳を持っていませんでした。こちらが意見を投げてもあちらは関係ない発言を返す始末。後にその非人道ぶりは彼自身の原発とも関係ない呟きに現れました。当然お別れです。

もう一人。原発を今すぐ止めるべきか否かという議論が発端でした。その中で飛んできた一言「感情論ばかりで議論に値しない」。人間は少なからず感情で動いていますし、今回私自身が反対派に回ったことは、福島の人たちの気持ちが理由だと強調してきました。
福島ではすでに、原発の存在で農家一人が将来に不安を抱き自殺しています。そんな気も知らないで感情論抜きで議論しろと言うのは、福島の人々に対して失礼で済ませられるようなものではありません。
この人自身考え方が極端に古く、議論に上げるデータは根拠なし、ここ2ヶ月で出てきた情報もまったく取り入れておらず、彼と議論することに無駄を感じました。実年齢はアダルトゲーム現役プレーヤー、要するに性欲旺盛ということで、脳みそが追いついていないか肉体年齢より数倍早く老化していたんでしょう。
あ、忘れてはいけないことがもうひとつ。議論のとき、こんな一言もありました。「起きた事故は仕方ない」と。つまり先ほどの農家のご遺族には大変失礼なんですが、自殺したのも仕方ない、作業員が被爆したのもしょうがないと、この発言はそう言っているのと等しいと。
普通ならそういう事故が二度と起きないことを願って原発に反対するでしょう。でも残念ながら、原発こそが理想の発電手段であって、しかも原発を止めても問題ないのにそれに耳を傾けたふりをして、動いているものは動かし続けろと。
ときおり日和見的な立場であると、そんなことを過去に強調していたのをしっかりと覚えているんですが、これは日和見とは言いませんね。日和見派というのは自分の意思は捨てて、一番強い意見に合わせるだけですから。
この日、ちょうど朝日新聞だかどこかが世論調査をした結果が出た日で、原発に反対する人が8割を叩き出したばかりでした。そんな日に一番原発を推進するって言うのはとんでもない大洞を吹いていたと。

原発に反対する人には、保身派と感情派とに分けることができると思います。前者は自分の身を案じて「原発の事故がこっちでも起きたら困るからやめろ」という人、後者は福島県の人々に気持ちが同調して、その気持ちを肩代わりするかのように反対する人。
それでも、反対派に共通して言えることは、福島の人々と同じ苦しみを繰り返してはならないと、全員とまでは言いませんが多くの反対派に当てはまると思います。
そうでなくても、一人の反対は数百、数千もの人命を救う。原発というのはそういうものですから、これもまた現地の人にとって申し訳ないのですが、自己中心的に反対している人であっても、同じ反対派がその人を責めるのは間違っている、ということも付け加えておきます。
まあ反対派にそういう人は少ないんじゃないかと思います。原発反対派が8割にのぼったと喜んでいる。でもその裏には、そういう自分だけを守りたい人の票が入っているわけですから。
関連記事

Appendix

プロフィール

さくらゆーな

Author:さくらゆーな
鉄道熱が再燃して、撮影に模型にいろいろやってます。
最近反核運動に偏ってるのを反省したいけど
知れば知るほど極悪非道な界隈で止まらない…

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 

最近の記事

カテゴリー

検索フォーム


キーワード

カウンター

トータルカウンター
現在の閲覧者数:

ads3

Mac ソフトのことなら act2.com

Make a donate

もしこのブログを気に入っていただけたら上記アフィリエイトプログラムか下のPayPalでブログ・サイトの維持にご協力ください。

donationPrice

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。