Entries

スポンサーサイト
[EDIT]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
非公開にする

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://harukazehajime.blog115.fc2.com/tb.php/147-fc15a483
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
原発だけじゃない!放射線の生体実験"放射線医学(アイソトープ)"にも目を向けよ
[EDIT]
ご存知ですか?生存状態にある人体を利用して放射線の実験を行っているのは原発だけではありません。医学界にも存在し、日本人は世界一の医療被曝大国と言われています。放射線医学、またの名を「アイソトープ」。
放射線療法は知っていても、それによる被曝までもが世界一多いという事実を知っている人はほとんどいないでしょう。
つまり放射線医学も見直すべき時期がやって来た、ということです。

今でこそ放射線医療でなければ治療が困難な病があったりしますが、放射線医療を受けると代償が必要になります。医療被曝に伴う被曝症状の発症です。
どうでしょう。病気を治すために別の病気になるって矛盾していると思いませんか?
軽度の被曝症状は比較的早期に発症しますが、重度の被曝症状…皮膚ガンや甲状腺ガンなどが、何年もかけてじわじわと蝕み始めます。小児ガンなどを抱える子供たちは、成長するに従って被曝症状に苦しめられていくわけです。
ところが「放射線を使って治療」することはできても、「放射線で被曝した部位を治療」する医学というものは事実上存在しません。放医研こと放射線医学総合研究所も文字通り「研究」であって、治療のためのまともな知識など持ち合せちゃいません。
何しろ66年も前に被曝しながら、事故後10年、15年経ったチェルノブイリの被曝患者を見て「こんなの見たことない」と平然と言ってしまう世界ですから、そりゃ「まとも」もへったくれもないでしょう。

治療や手術だけではありません。レントゲン撮影やCTスキャンなどを放射線診断学といい、やはり被曝します。
MRIは核磁気という、原子核と磁気を利用する診断学ですが、いまのところは被曝しないと言われています。ならばMRIにシフトすべき、と言いたくなりますが、残念ながら現在の医学では、MRIより放射線診断学の方が発見しやすい病気が多いのが現実です。

いずれにしろ放射線医学は優秀ではありますが、代償が大き過ぎます。原発だけでなく放射線医学も見直しをして、代替手段を開発してほしいものです。
関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規
非公開にする

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://harukazehajime.blog115.fc2.com/tb.php/147-fc15a483
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

さくらゆーな

Author:さくらゆーな
鉄道熱が再燃して、撮影に模型にいろいろやってます。
最近反核運動に偏ってるのを反省したいけど
知れば知るほど極悪非道な界隈で止まらない…

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 

最近の記事

カテゴリー

検索フォーム


キーワード

カウンター

トータルカウンター
現在の閲覧者数:

ads3

Mac ソフトのことなら act2.com

Make a donate

もしこのブログを気に入っていただけたら上記アフィリエイトプログラムか下のPayPalでブログ・サイトの維持にご協力ください。

donationPrice

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。