Entries

スポンサーサイト
[EDIT]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
非公開にする

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://harukazehajime.blog115.fc2.com/tb.php/148-58d84b36
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
アイソトープの悪「除染」
[EDIT]
前回、放射線医学が人体実験だと示唆しました。そのときは誰でも知っている放射線医学の「表向き」の姿だけを批判しました。

そんなことまで気にしていたら地球そのものが放射線を出しているんだから生きていけないじゃないか。もっともです。でもそれは上面だけしか見ていません。

今回は放射線医学の知られざる「裏側」を見てもらいましょう。現在進行形のものの方が納得できるでしょうから、ターゲットは除染です。内容としてはTwitterで流れた情報のまとめみたいなものになります。

原発事故の被害がもっとも大きい福島で、「人間が作り出したものを人間が取り除けないはずがない」と除染を思いつく。取り除くんだから土を掘り起こしてみる。放射線濃度が下がった。これを報道させて住民にやらせよう。

「いいことじゃないか」
みんな疑うことなくそう言うでしょう。放射線医学の異常に気付くまでは、私も期待していました。でも反原発派の小出氏はできないと反論。いつしか放射線医学界がただならぬ闇の世界として認識する人たちが増えはじめます。

土を掘り起こせば当然放射性物質が舞上がるし、原発事故は収束していないから上空からも降ってくる。被曝量を少しでも抑えさせなきゃいかんから安定ヨウ素剤を飲ませる。これは放射線医療を統べる日本アイソトープ協会の成果物。国の負担=国民の税金でこれを提供する。

ここまではまだ許せるでしょう。いやむしろ目くじらを立てること自体が間違っている、と言われれば土下座しましょう。ただし日本アイソトープ協会に名を連ねるのが医師だけなら。残念ながら私は土下座をしなくて済んでしまいます。

アイソトープにはみんなが恨むようになった原発推進派のマスコミ、同じく御用学者なんかがいて、でもって官僚の天下りがいる、ということがわかっています。奥の奥ではIAEAとのつながりを持っています。おそらくは震災直前にあった「原子力ルネッサンス懇談会(当時)」なる会合に出席だなんだしていた連中もいることでしょう(リンクはその会合の模様を記事にしたブログ「ざまあみやがれい」。管理人のハンドルネームでもありますが、故・忌野清志郎のファンで、彼の口癖から名付けただけで他意はないそうな)。
こんな連中に税金が流れ込んでいるわけです。

IAEAはビキニ環礁での水爆実験をきっかけに、第二のヒットラーとして世界中から非難を受けていたアメリカが難を逃れようと、核の平和利用と偽り世界中を巻き込んで立ち上げた国際機関…というのは私の認識ですが、多分正解だと思います。

閑話休題。アイソトープが儲かるのは安定ヨウ素剤だけでは終わりません。被曝量の検査管理にかかる費用も同じようにして流れ込んでいきます。

もっと性質が悪いのが、除染できるという保証がないこと。同じ事故レベルのチェルノブイリでは国が全員立ち退きを指示したので、爆発事故での除染など前例がない。つまりやってみなきゃわからんと。で、もし除染できなかったら成果もないのにアイソトープは儲かっている。除染できても天下りの連中までぼろ儲け。

現実はというと、9月に入って住民は「翌日にはフレッシュな放射能でまた汚染される」と実感しています。でも時間をかければ除染できるはずだと御用学者、児玉龍彦とかと言う人が継続するように言うわけですね。前例もないのに。

今の日本アイソトープ協会は政治家とタッグを組んでこんなことをしているわけです。



同じ事故レベルどころか、水素爆発を起こして燃料棒は消し飛んで、実は事故直後にメルトスルー(圧力容器貫通…メルトダウンした炉心が圧力容器を溶かして原子炉も貫いてしまうこと)まで起こしていたことは確定しました。

水素爆発も原因は炉心で、「絶対貫通しない」と言われていた原子炉建屋の床を全部突き破って地下水脈にたどり着いたからではないか、つまりメルトアウトしているんじゃないか。というような見方もあります。これが事実ならチェルノブイリもかすむ大事故になります。

現状はメルトアウト寸前、放水してたおかげで冷えて、最後の床を溶かしきれずに留まっている、といわれていますが、そこは放水が原因で汚染水のプールになってしまって確認できない状態です(汚染水は建屋の地下室に溜まっているようですが、溜まる前にはとっくに地下室の床や防護用の4重のコンクリート壁3つは貫通しています)。
関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規
非公開にする

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://harukazehajime.blog115.fc2.com/tb.php/148-58d84b36
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

さくらゆーな

Author:さくらゆーな
鉄道熱が再燃して、撮影に模型にいろいろやってます。
最近反核運動に偏ってるのを反省したいけど
知れば知るほど極悪非道な界隈で止まらない…

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

+ アーカイブ
 

最近の記事

カテゴリー

検索フォーム


キーワード

カウンター

トータルカウンター
現在の閲覧者数:

ads3

Mac ソフトのことなら act2.com

Make a donate

もしこのブログを気に入っていただけたら上記アフィリエイトプログラムか下のPayPalでブログ・サイトの維持にご協力ください。

donationPrice

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。