Entries

スポンサーサイト
[EDIT]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C61]

撮影はテツでない人含め結構見かけますけど、録音となるとやっているところを見かけること自体滅多に無いので、嫌な目線が向けられそうで勇気がいりますね。
自分は最初、できる限りそれと知られないように装備してやっていました。音鉄の中にはこうやって録音している人が結構いるようで、余計に見かけないんですね。

つづき、ぜひご期待ください。
saraさまをはじめとして多くの人のお力添えができればと思っています。
  • 2008-09-14
  • 投稿者 : 春風☆一
  • URL
  • 編集

[C60]

こんばんは
今回の記事、とても興味深く読ませていただきました。
実は、私・・・走行音や車内録音をしたい気持ちはあったのですが、なかなか実行できなくて・・。(^^;
春風さまのこれからの記事を楽しみにしております。
  • 2008-09-13
  • 投稿者 : sara
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
非公開にする

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://harukazehajime.blog115.fc2.com/tb.php/60-3c7a4a3a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
走行音を録ってみよう 第1回 ~音鉄とは?~
[EDIT]
今日から数回にわたって、音鉄入門記事を書いてみようかと思います。
下の目次が全部リンクになる日を自分でも楽しみにしています(笑)

目次



今回は音鉄その物についてです。

音鉄とは、文字通り鉄道の音を楽しむという嗜好およびその人のことで、録り鉄ともいいます。
普通の人からすれば単なる騒音を楽しむ趣味ということですが、車両の形式毎に走行音がまるきり違ったり、駅や路線によってアナウンスやメロディが微妙に違っていたりして、結構面白かったりします。VVVFの音なんかはひとつの曲のように聴こえますから、なおのこと面白いものです。
そして、それらの音は年々変わったり消えていきます。鉄道車両は毎年ということはありませんが、15~20年もすると第一線を退き、地方まで遠征しなければ聴けなくなってしまいます。さらに10年、20年経つと地方まで来た車両も解体され、二度と聴くことはできません。それをいつまでも楽しむために音を録るわけですね。

ちなみに「撮り」鉄だと写真や動画を撮影し観賞するという嗜好になるので、とくに会話では「音鉄」を使う方が間違いはないでしょう。

鉄道の音にも走行音から発車メロディ(いわゆる発メロ)にいたるまでさまざまあり、走行音ひとつとっても車内録音から車外録音、モーター音重視から車内の雰囲気重視などがあり、モーター音重視派はさらに吊掛派からエンジン派、VVVF派、機関車派などと、どの音を好むかは人それぞれという、これまた非常に広い分野になります。
そして、どの音を録るかによって適した機材、場所があります。
もちろん機材についてはだいたい共通で、必須のレコーダーと、場合によってはマイクが必要になってきます。

と、まあこのように色々ある音鉄ですが、とりあえずここでは以下のように分類することにします。

  • 走行音


    • 車外録音


      • 各種メロディ

      • 通過音

    • 車内録音


      • 車内雰囲気

      • モーター音


        • - 吊り掛け

        • - 抵抗制御系・電機子チョッパ系

        • - 気動車エンジン音

        • - 機関車動作音

        • - VVVF変調音




次回からは私自身がモーター音重視派ということで、そちらに偏った解説になりますのでご了承ください。
関連記事

2件のコメント

[C61]

撮影はテツでない人含め結構見かけますけど、録音となるとやっているところを見かけること自体滅多に無いので、嫌な目線が向けられそうで勇気がいりますね。
自分は最初、できる限りそれと知られないように装備してやっていました。音鉄の中にはこうやって録音している人が結構いるようで、余計に見かけないんですね。

つづき、ぜひご期待ください。
saraさまをはじめとして多くの人のお力添えができればと思っています。
  • 2008-09-14
  • 投稿者 : 春風☆一
  • URL
  • 編集

[C60]

こんばんは
今回の記事、とても興味深く読ませていただきました。
実は、私・・・走行音や車内録音をしたい気持ちはあったのですが、なかなか実行できなくて・・。(^^;
春風さまのこれからの記事を楽しみにしております。
  • 2008-09-13
  • 投稿者 : sara
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
非公開にする

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://harukazehajime.blog115.fc2.com/tb.php/60-3c7a4a3a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

さくらゆーな

Author:さくらゆーな
鉄道熱が再燃して、撮影に模型にいろいろやってます。
最近反核運動に偏ってるのを反省したいけど
知れば知るほど極悪非道な界隈で止まらない…

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 

最近の記事

カテゴリー

検索フォーム


キーワード

カウンター

トータルカウンター
現在の閲覧者数:

ads3

Mac ソフトのことなら act2.com

Make a donate

もしこのブログを気に入っていただけたら上記アフィリエイトプログラムか下のPayPalでブログ・サイトの維持にご協力ください。

donationPrice

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。