Entries

スポンサーサイト
[EDIT]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
非公開にする

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://harukazehajime.blog115.fc2.com/tb.php/65-4fe0a603
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
走行音を録ってみよう 第3回 ~レコーダーとマイクを学ぶ~
[EDIT]
はやいもので、いよいよ3回目です。
今回はマイクについて解説します。実はマイクにもメーカーの違い以外にもいろんな種類があり、音鉄でも目的に見合ったものを選びます。今回はどんなマイクがあって、どのマイクがどんな分野に合っているかを解説します。それとレコーダーもちょこっと触れてみます。

レコーダー


まずレコーダーについて解説します。レコーダーも用途に合わせていくつか種類があります。

テープレコーダー

文字通りカセットテープに録音するもので、略してテレコと呼ばれます。デンスケなんて呼び方もあります。ちょっと前なら音鉄でもDAT(Digital Audio Tape)が高音質で流行っていたんですが、今や店頭に並んでいることはほとんどないでしょう。売っていないのはDATやそのレコーダーであって、普通のカセットテープやそれを使うレコーダーは現役です。長時間録音が最大の自慢ですがレコーダーが大きく、再生するときは早送りや巻き戻しが必要で、記録媒体が脆い、パソコンに取り込むのが面倒など扱いにくいのが欠点で、MDやICレコーダーに主役の座を明け渡しています。

MD・Hi-MDレコーダー

記録媒体をMDとしたレコーダーで、録音したあとはMDコンポで再生できる点が有利です。Hi-MDは新しい規格のMDで、これは専用のディスクで1GB、普通のMDでも記録時間を延ばせるようにするものです。欠点は、Hi-MDは対応レコーダーが少ないこと、パソコンに取り込むのが面倒なこと(一部機種は簡単)、ディスクの回転音や振動が激しく、近くにマイクを置いていると雑音として拾ってしまうことです。音質はHi-MDでPCM録音すれば非常に優れたものです。MDも長時間録音向いています。しかし現在はより使い勝手が向上したICレコーダーが主流になっています。

ICボイスレコーダー

ICボイスレコーダーフラッシュメモリなどに録音するもので、記録媒体も電子化したことで小型軽量、低価格などが特徴です。主に会議や記者会見などビジネス分野で声を録音することに特化してあり、回路を単純化することで低価格化しています。声が聞き取れれば充分、という設計のため音質は劣ります。一方で低価格という点から音鉄初心者としてはどうしても目が行ってしまいます。ボイスレコーダーということで襟元に取り付けらるように付属するマイクも小型で、人目を気にせず録音したい人にも人気があります。

PCMレコーダー

ZOOM H4ICレコーダーの一種で、その中でもPCMと呼ばれる無圧縮のデータとして録音するものです。個人でのフィールドレコーディングやCDのマスタリングなどといった用途を考慮しているため、CDを上回る音質で録音できるものが多いです。その分高価でボディも大きくなりがちです。記録媒体はメモリに限らずハードディスクを用いるものもあります。最近になってSANYOなどの家電メーカーからもPCMレコーダーが発売されるようになりました。こちらはボイスレコーダーの延長なのでコンパクトで消費電力も小さいので長時間録音にも向いています。音質は16bit止まりが多いのですが、それでもCDと変わらないので耳が肥えているのでなければ選択肢として候補に入れてもよいかと思います。ただし価格的に有名メーカーのレコーダー(例えば写真のZOOMのH2やM-AudioのMicroTrack)が買えることもあるので、よく考えて選ぶ必要があります。


本当に大まかに説明してしまいました。
これらの中で今後普及していくのはICレコーダー系でしょう。パソコンと接続できるものが多いので、パソコンでの作業中に聴きたいというときや、エフェクトをかけたりといった加工を施したいときに便利です。また、どんどん小型化する一方で音質も着実に向上しています。

マイク


マイクの内部構造による分類


マイクは大まかに「ダイナミックマイク」と「コンデンサマイク」があります。ダイナミックマイクは丈夫で大音量でも音が歪みにくい、電源不要という特長があります。一方マイクの振動板が重く細かい振動を捉えにくいので高音に弱いという欠点があります。コンデンサマイクはものにもよりますが軽く、クリアな音が自慢です。ダイナミックマイクはボーカルマイクとしてよく使われ、集音マイクとしてはあまり使われません。ほかにもカーボンマイクやリボンマイク、クリスタルマイクなどもありますが性能や強度が劣るものが多く、ニーズの多様化に対応できるという点もあり、最も普及しているのはムービングコイル式ダイナミックマイクとエレクトレットコンデンサマイク、DCバイアスコンデンサマイクの3種類くらいです。

マイクの形状による分類


マイクの形状は、デザイン以外にマイクの特性に合わせてあるという意味も持っています。

ハンドマイク

ハンドマイク文字通り手に持って使うもので、マイクの基本形す。ほとんどがマイクスタンドに取り付けられます。モーター音派の音鉄では、簡単に音源に向けられるという利点があります。ノーマルマイクと正立型マイク注意点としては、サイドアドレス・マイクや正立型と呼ばれるものがあって、本体の軸に対して垂直にユニットが取り付けられているものです。ボーカルのレコーディングスタジオのマイクのようにマイクの真横に音源がないと思った通りに録音できないことがあります。両方の収音スタイルを選択できるターニングカプセル型も存在します。

ラベリアマイク(タイピンマイク)

小型軽量化が必要なため、コンデンサマイクが用いられます。マイクについたクリップを襟元やネクタイなどに挟んで声を拾うためのもので、低価格なものから高価なものまで色々あります。小型で低価格なのでこっそり録音したい人や、初心者向けです。胸元ではなくズボンの裾にセットするとモーター音を狙うことができます。

ショットガンマイク

オーディオテクニカAT9643コンパクトガンマイク
周りの音を余り拾わずに狙った音を拾うためのもので、細長い棒状のボディにスリットが入っているのが特徴です。
ショットガンマイク-干渉管型
この棒は位相管や干渉管と呼ばれるもので、側面に設けたスリットと正面の集音部から入ってきた左右の音が干渉管内部で打ち消し合い、正面の音は打ち消されることがないために集音範囲(指向性)が狭くなります(干渉管型)。音響的に指向性を狭めるため電気的なノイズはありませんが、スリットでは音の通過速度を落すための素材選びと加工でコストがかかり、結果的に高価なマイクになってしまいます。

図のオレンジの矢印が打ち消される音、水色の矢印がが録音される音です。


ショットガンマイク-二次音圧傾度型
あるいは干渉管内に位相がそれぞれ逆になる2つのマイクを仕込み、電気的に指向性を狭めます。側面からは2つのマイクが音を拾います。それを合成させて打ち消し、正面からは手前のマイクだけが集音するのでそのまま出力され、結果的に指向性が狭くなります(二次音圧傾度型)。

図のオレンジの矢印が打ち消される音、水色の矢印が録音される音です。右上に示した波形はオレンジの矢印の音で、マイクAとBがちょうど逆相となる状態で波形を合成すると打ち消し合って出力0となります。

いずれの方式もマイクユニット自体の指向性はほぼ自由なので、安上がりな単一指向性が多く使われています。また、感度も高く設定されているのが普通です。中には干渉管を取り外すことができるものもあり、その場合は通常のマイクとして使用することができます。主に野外での集音や会議、スピーチの声を遠くから拾う場合などで使われます。機関車自体の動作音を拾いたい場合音源は遠くなりますから、このタイプでないとかなり無理があります。

バイノーラルマイク

イヤホンのような形をした小さなマイクで、イヤホン同様耳にはめて録音するものです。録音した人の耳で聞いている音とほぼ同じ音で収音できるためステレオ感にあふれた音が特徴です。ただし耳にはめることが重要で、それができない場合はダミーヘッドとよばれる文字通りつくりものの頭の耳に取り付けて持ち歩かなければなりません。車内の雰囲気を重視したいときには理想のマイクといえるでしょう。

ワンポイントステレオマイク

ワンポイントステレオマイク1本でステレオ収音が可能なマイクです。実際には2つの小さなマイクユニットが組み込まれています。このマイクユニットが本来のマイクにあたります。そのマイクユニットの指向性と組み合わせ角度(指向主軸角度)によってさらに細分化されます。指向主軸角度をスライドさせたり回転させることで様々な指向特性を実現するものもあります。ワンポイントステレオでないマイクでステレオ録音するには2本用意してステレオ機器に接続して使用します。これをマッチドペアといいます。単純にペアマイクともいいます。高級なマイクではモノラルマイクばかりになるため、ステレオ録音するにはどうしても2本必要になってしまいます。

骨伝導マイク

人がしゃべるときに、声が頭蓋骨を振動させて耳に伝わる現象が骨伝導。自分の声は口から発せられる音と骨伝導音が混ざるので、他の人が聞き取る音とは違う、というのは有名なところです。この骨伝導を利用して、耳骨の振動を音に変換することでその人の声をクリアに録音できるのが骨伝導マイクです。ゆえにしゃべっている本人の声しか拾えません。主にスピーチで自分の声を伝えたいときや、電話のマイク側の代わりとして用います。

バウンダリーマイク

床や壁に貼り付けられるフラットなマイクで、エコーが強い場所でも反射音をあまり拾わないため、はっきりと録音できます。

ヘッドセット・インカム

ヘッドホンに似たアームで頭に固定し、先端にマイクが取り付けられた、ハンズフリーなマイク。実際にヘッドホンも持つタイプとマイク専用のタイプとがあり、呼び方も様々です。

ズームマイク

ビデオカメラのズームの状態に合わせて指向性が変化していくマイクです。鋭指向性以上のマイクのことを、ズーム(望遠)のように遠くの音を拾えるためズームマイクと呼ぶこともあります。



参考文献:AudioTechnica MIC Navi

ステレオ方式


マイクでステレオを実現するにはマイクを2つ使わなくてはなりません。そしてマイクの組み合わせ次第でいくつかのステレオ方式が存在します。通常は2つのマイクをそれぞれ60度程度外側に向けたものが多いです。マイクの組み合わせ角度を指向主軸角度といい、角度が0度に近いほど中抜けしにくくなりますが、左右の広がり...すなわちステレオ感が劣ります。

X-Yステレオ

2つのマイクを内側に傾けたもので、従来のステレオ方式と比べると左右の集音範囲は狭くなるものの、正面の音もしっかり拾えるのが特徴です。マイクはそれぞれ45度傾けたものが多いですが、理想的な角度はそれぞれ55度とされています。

MSステレオ

Mid-Sideステレオの略で、1つは単一指向性のマイクを真正面に向け、それに対して直角に双指向性のマイク1つを交差させたもので、これらを合成させることでX-Yステレオ同様正面の音をしっかりとらえつつ、左右の音も広範囲に拾うことができます。中には90度以外の角度にすることも可能なマイクもあります。バイノーラルマイクがないときはX-Yステレオよりもこちらの方がよりステレオ感がよいでしょう。

W-XYステレオ

W-XYステレオのポーラパターンZOOM社のハンディレコーダH2の内蔵マイクだけが持つステレオ方式で、レコーダの表側に交差角90度のX-Yステレオマイクを、裏側に交差角120度のX-Yステレオマイクを組み込んでいて、両方のマイクをONにしてレコーダーを立てて使うことで4chサラウンド録音ができるようになっています。

Blumleinステレオ

2つの双指向性マイクを直交させたもので、ほぼ無指向性マイクのように360度全体の音を拾うことができる方式です。おそらく2本のマイクで4chサラウンド録音できるという方式だと思います。

NOSステレオ

2つのマイクをそれぞれ45度外側に向け、マイクの中心距離を30cmにしたものです。

ORTFステレオ

2つのマイクをそれぞれ55度外側に向け、マイクの中心距離を17cmにしたものです。


指向性(指向特性)


指向性とは大雑把にいうとマイクの集音範囲を表します。正面に対してどのくらいの角度まで音を拾うのか、どの向きに対して感度が良いのか、ということです。下のポーラパターン(指向性の範囲を示した図)はあくまでも一例で、機種により同じ指向性でもまったく異なるポーラパターンを描きます。集音範囲が狭ければ「指向性が高い」といいます。
各指向性のポーラパターンとステレオ方式

無指向性・全指向性・オムニ

マイクの中心から360度全体にわたって音を拾う方式です。

単一指向性・カーディオイド

平面でいえばハート型のような範囲の音を拾うのが単一指向性マイクです。マイクの後ろ側の音をあまり拾わないのが特徴です。

鋭指向性・狭指向性・スーパーカーディオイド

マイク前方の狭い範囲だけを拾うための方式です。後述の双指向性を変形させたような指向性なので双指向性と呼ぶこともあります。大抵はガンマイクの構造を利用して指向性を高くしていて、単独で鋭指向性・超指向性のポーラパターンを描くマイクはなかなかありません。

超指向性・ハイパーカーディオイド

鋭指向性マイクよりさらに範囲を絞った方式ですが、メーカーによって鋭指向性・超指向性どちらか一方の呼び方を使う、という方が多いようです。

双指向性・両指向性・8の字指向性・フィギュア8

マイクの中心を境に前と後ろから音を拾う方式です。人の間にマイクを置くだけで双方の声を上手い具合に拾えます。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規
非公開にする

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://harukazehajime.blog115.fc2.com/tb.php/65-4fe0a603
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

さくらゆーな

Author:さくらゆーな
鉄道熱が再燃して、撮影に模型にいろいろやってます。
最近反核運動に偏ってるのを反省したいけど
知れば知るほど極悪非道な界隈で止まらない…

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

+ アーカイブ
 

最近の記事

カテゴリー

検索フォーム


キーワード

カウンター

トータルカウンター
現在の閲覧者数:

ads3

Mac ソフトのことなら act2.com

Make a donate

もしこのブログを気に入っていただけたら上記アフィリエイトプログラムか下のPayPalでブログ・サイトの維持にご協力ください。

donationPrice

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。