Entries

スポンサーサイト
[EDIT]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C3] No title

こんばんは
とてもわかりやすく説明してくださって、助かりました。
実は、しっかりとメモしてしまいました。
そして・・パソコンの横に置いて、すぐに見ることができるようにしています。
本当にありがとうございました。m(_ _)m
  • 2007-08-27
  • 投稿者 : sara
  • URL
  • 編集

[C2] 実はわたしも

・saraさま
ようこそおいでくださいました。今後ともよろしくお願いします~。

形式記号も語源がわかると面白いですよね。
実はわたしも形式記号をはじめ、あまりのめりこんだところまでは詳しくなかったりします。moreに書いた記号にいたってはこの記事を書くために調べてはじめて知ったものです(^^;

もともと鉄道模型のカタログに「マイテ」だとかいう客車があって、今回参考にしたTOMIXのカタログには載っていませんでした。結局謎のまま一年近く経って今回このような機会があったので、インターネットという文明の利器を駆使(ってほどでもありませんが)してやっとこさ答えを見つけることができました。この機会を与えてくださったsaraさまに感謝ですm(_ _)m

今回の記事は難しいことが苦手な方でも、なんとなくでもわかっていただけるよう書いてみたつもりですがいかがでしょうか。
  • 2007-08-26
  • 投稿者 : 春風☆一
  • URL
  • 編集

[C1]

こんにちは
トラックバックを送信してくださってありがとうございました。m(_ _)m
車両の形式記号について、とても詳しく書かれていて勉強になりました。
クモユニの意味もですが、モが電動のデとして使われていることは
恥ずかしながら初めて知りました。
実は昨日、デハ1001のデハとは何だろう・・・?
そう思っていたところだったのです。
京急もそうだったのですね。
来年の春に、また東京に行く予定があるので
しっかりと見てきたいと思っています。

コメントの投稿

新規
非公開にする

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://harukazehajime.blog115.fc2.com/tb.php/7-e7c752c6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
クモユニ
[EDIT]
最近足しげく立寄っている、saraさま運営のブログ駅・・・素敵な想いにて「クモユニ」がわからないとのことだったので、TOMIXのカタログとWikipediaを参考に、語源を交えながら解説しましょう。
なお、これらの記号は会社によって異なる場合がありますのでご了承ください。

さきほどのクモユニ、その他クモハなど、車両にはわけのわからない単語がついています。なんだろなと思っている人は多いかと思います。これは形式記号といって、車両の種類・使い方をあらわしたものです。電車の場合下のようになっています。

クモ:制御電動車。運転台付電動車という意味です。
ク:制御車。とくに制御付随車のこと。運転台のある車両という意味です。繰る(くる)のクだとか。
モ:中間電動車。モーターのモです。会社によっては電動のデを使うことがあります。
  東急と、戦時中東急に合併されていた小田急、京王、京急がデを使う傾向にあります。
  この場合、制御電動車であってもデを使用するようです。
  近鉄や名鉄、東武はモを使いますがクモは存在しません。
サ:付随車。電動車に引っ張られる、走行中比較的静かな車両のこと。
  語源はSubordinate(英語で随行するものという意)、
  電動車の間に入れることから「差し挟む」など、諸説あります。

これらにつづいて以下の使い方をあらわす記号がつきます。ただし近鉄や名鉄の営業車には付きません。従ってモハやサハはなく、クモとモ、サという記号になります。

ハ:グリーン車などでない普通車のこと。かつて3等車をあらわしたイロハのハの名残。
ロ:グリーン車。ハと同じく等級をあらわすイロハのロの名残。
ヤ:試験車、職用車などの事業用車。かつては役務車と呼んでいたことから「やくむ」のヤ。
ル:配給車。車両部品を配送する車両のことで、配るのル。
ネ:寝台車。寝床のネ。
シ:食堂車。食堂や食事のシ。
ユ:郵便車。郵便物を輸送する車両です。郵便のユ。
ニ:荷物電車。宅配便が普及する前に小さい荷物を輸送していました。
  荷物のニ。東急は貨車扱いだったため有蓋貨車のワがもちいられました。
エ:救援車。災害、事故、除雪などの際に配備され、作業機械や資材の運搬、作業員の休憩場所
  などとして用いられます。救援のエ。

ということで、クモユニは郵便荷物電車(郵便物や荷物を運ぶための自走できる電車)、またクモハとは普通車の制御電動車という意味になります。

ちなみに「サロハ」なんていうのを聞いたことがある人もいるでしょう。これは半室グリーン車(または合造車)で、車両の一部が普通車、残りがグリーン車になっている車両のことです。クモハユニなら制御普通車と郵便荷物車の合造車になります。

内燃車(気動車、いわゆるディーゼルカー)はモの代わりに気動車のキが頭に付きます。制御付随車はキク、付随車はキサ、普通車動力車は先頭車かどうかに関わらずキハ、グリーン車動力車はキロです。
組み合わせ例としては普通車グリーン車合造の制御付随車はキサロハ、付随車食堂車はキサシ、制御動力車はキハ、制御動力車の郵便荷物車はキハユニ、といったところです。

ブルートレイン(客車)となると複雑です。まず自重をあらわす記号が入ります。

コ:22.5t未満(小型のコ)         ホ:22.5t~27.5t未満(本型のホなど)
ナ:27.5t~32.5t未満(並型のナなど)   オ:32.5t~37.5t未満(大型のオ)
ス:37.5t~42.5t未満(スチールカーのス) マ:42.5t~47.5t未満(マキシマムのマ)
カ:47.5t~(濶大のカ)

これに使い方をあらわす記号が付きます。

ロネ:A寝台  ハネ:B寝台
ロ:グリーン車 ハ:普通車  ネ:寝台車
ニ:荷物車   フ:緩急車。車掌室、車掌弁(非常ブレーキ)のある車両

となります。貨車については割愛します。

A寝台がロということは、イもあるんです。
 

 
かつて3等級制時代はイ、一等寝台車はイネが、また展望車は展望車のテ、病客車とよばれる負傷した兵士の治療用の客車として兵隊のヘ(精神病患者用は精神のセが付く。また一等病客車はイヘ、二等病客車はロヘ。三等病客車はヘのみ)、暖房用の蒸気を発生させるためのボイラーを積んだ車両(暖房車)として温もりのヌがあったそうです。イテなどはまだ大井川鉄道などに残っているかと思います。

その他の記号
国鉄の前身、鉄道院や鉄道省時代の車両は次のような記号が使われていました。
コ 小型車のコ
ナ 中型車をナカガタと読んでナ
ボまたはホ ボギー車
デ 電動車

また地方鉄道や軽便鉄道ではこのほかに以下のような記号も使われていました。
ケ 軽便のケとされる
デまたはモ 電動車
ジ 気動車。自働のジ
ガソ ガソリンカー
デキ 電気機関車
関連記事

3件のコメント

[C3] No title

こんばんは
とてもわかりやすく説明してくださって、助かりました。
実は、しっかりとメモしてしまいました。
そして・・パソコンの横に置いて、すぐに見ることができるようにしています。
本当にありがとうございました。m(_ _)m
  • 2007-08-27
  • 投稿者 : sara
  • URL
  • 編集

[C2] 実はわたしも

・saraさま
ようこそおいでくださいました。今後ともよろしくお願いします~。

形式記号も語源がわかると面白いですよね。
実はわたしも形式記号をはじめ、あまりのめりこんだところまでは詳しくなかったりします。moreに書いた記号にいたってはこの記事を書くために調べてはじめて知ったものです(^^;

もともと鉄道模型のカタログに「マイテ」だとかいう客車があって、今回参考にしたTOMIXのカタログには載っていませんでした。結局謎のまま一年近く経って今回このような機会があったので、インターネットという文明の利器を駆使(ってほどでもありませんが)してやっとこさ答えを見つけることができました。この機会を与えてくださったsaraさまに感謝ですm(_ _)m

今回の記事は難しいことが苦手な方でも、なんとなくでもわかっていただけるよう書いてみたつもりですがいかがでしょうか。
  • 2007-08-26
  • 投稿者 : 春風☆一
  • URL
  • 編集

[C1]

こんにちは
トラックバックを送信してくださってありがとうございました。m(_ _)m
車両の形式記号について、とても詳しく書かれていて勉強になりました。
クモユニの意味もですが、モが電動のデとして使われていることは
恥ずかしながら初めて知りました。
実は昨日、デハ1001のデハとは何だろう・・・?
そう思っていたところだったのです。
京急もそうだったのですね。
来年の春に、また東京に行く予定があるので
しっかりと見てきたいと思っています。

コメントの投稿

新規
非公開にする

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://harukazehajime.blog115.fc2.com/tb.php/7-e7c752c6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

さくらゆーな

Author:さくらゆーな
鉄道熱が再燃して、撮影に模型にいろいろやってます。
最近反核運動に偏ってるのを反省したいけど
知れば知るほど極悪非道な界隈で止まらない…

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 

最近の記事

カテゴリー

検索フォーム


キーワード

カウンター

トータルカウンター
現在の閲覧者数:

ads3

Mac ソフトのことなら act2.com

Make a donate

もしこのブログを気に入っていただけたら上記アフィリエイトプログラムか下のPayPalでブログ・サイトの維持にご協力ください。

donationPrice

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。