Entries

スポンサーサイト
[EDIT]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
非公開にする

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://harukazehajime.blog115.fc2.com/tb.php/96-533a8fcf
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
緊急ブレーキ
[EDIT]
今回はブレーキ方式といえるかどうか微妙ですが、居眠りなど運転士の異常を検知して動作する緊急ブレーキについて解説します。
緊急ブレーキにはいまのところ2つの方式が存在します。

一つ目は普段主幹制御器のハンドルを握っていることに着目した方式で、デッドマン装置と呼ばれるものがあります。2ハンドル式の場合はブレーキマスコンレバーにバネが仕込まれていて、レバーから手を放すとレバーが飛び出して非常ブレーキがかかるもので、はね上げ式デッドマン装置と呼ばれます。
ワンハンドル式の場合はハンドルに自転車のブレーキレバーのようなレバーを組み込んで、普段はこれと一緒にハンドルを握ります。レバーから手を放すと非常ブレーキがかかります。
ただし、レバーを握ったまま居眠りなどをしてしまうと意味がなくなってしまいます。

もう一つは、60秒ごとに何らかの操作を強制させる方式です。マスコンの操作でも、警笛の吹鳴でも何でも構いません。もし60秒間操作がなかった場合はベルが鳴りはじめます。これを5秒以内に止められないと非常ブレーキがかかるもので、Emergency Brake(略してEB)といいます。65秒間操作がなければ非常ブレーキがかかるので、より確実に運転士の異常を検知することができます。


2009.12.26 追記

豆知識
東急がワンハンドルマスコンを導入するにあたって、慣性の法則に則って、引いて力行・押して制動となるよう設計しました。これが「万一運転士が失神したときは前に倒れ込むだろう」ということも相まって人間工学に則った方式として高く評価されました。
つまり、レバーを握ったまま前に倒れ込んだら自然とブレーキがかかる、ということです。
この辺でも安全性を確保しているわけですね。
ただ、レバーが運転台の下の方まで下がる設計の場合、力行中だと体がつっかえてブレーキがかからない可能性があると思います。
関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規
非公開にする

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://harukazehajime.blog115.fc2.com/tb.php/96-533a8fcf
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

さくらゆーな

Author:さくらゆーな
鉄道熱が再燃して、撮影に模型にいろいろやってます。
最近反核運動に偏ってるのを反省したいけど
知れば知るほど極悪非道な界隈で止まらない…

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 

最近の記事

カテゴリー

検索フォーム


キーワード

カウンター

トータルカウンター
現在の閲覧者数:

ads3

Mac ソフトのことなら act2.com

Make a donate

もしこのブログを気に入っていただけたら上記アフィリエイトプログラムか下のPayPalでブログ・サイトの維持にご協力ください。

donationPrice

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。