Entries

スポンサーサイト
[EDIT]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
非公開にする

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://harukazehajime.blog115.fc2.com/tb.php/98-427e8911
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
ホームの配置・形状
[EDIT]
制御方式の話をほったらかしたまま別の話をします(笑)
今回は駅についてです。

ひとえに駅といっても駅舎(本屋)の構造、ホームの配置、役割など、いろいろあります。全部を解説することはできないと思いますが、少しずつ記事にしていきたいと思います。
で、今回扱うのは旅客ホームの形状についてです。
ホームとは、駅を構成するもののうち、乗客や貨物が列車に乗ったり降りたり、列車を待ったりする場所のことをいいます。
そのうち、乗客を扱うホームは旅客ホーム、貨物の荷役(積み卸しなど)をするホームは貨物ホームとして区別します。
旅客ホームについては、土地や乗降人員、列車の運行などによっていくつかの形状・配置があります。

※豆知識
ホームも物ですから、数え方があります。ホームは面または本と数えますが、面で数えるのが一般的です。
また、駅の大ざっぱな規模を計るため、通常は線路と一緒に数えます。線路の数え方は線または本で、線で数えるのが一般的です。例えば上りホームと下りホームが向かい合って、その間に複線の線路がある駅では2面2線と数えます。

・単式ホーム
単線の途中駅にあるような、線路1本、ホーム1本の最も単純な構造です。単線に限らず、都会にも存在します。例えば山手線の渋谷駅は向かい合っていないのと扱い上で単式ホームとされています。また、東急田園都市線の桜新町駅も単式ホームです。これは上下線に待避線を設けると土地が足りなくなってしまうため、上り線と下り線を上下に振り分けることで対処したことによります。このような構造を2層式といい、土地の制約が大きい地下鉄で数多く見られます。
単式ホーム

・対向式ホーム
相対式とも呼ばれます。上りホームと下りホームが向かい合って、その間に複線の線路がある駅がこれにあたります。つまり最低限2面2線という構造を要求されます。上下線で客扱いを分離でき、同じ面積でもホームが2つあることで収容能力も2倍になります。反面、ホームを間違うと必ず構内踏切か跨線橋、地下道を渡らなければならず不便ではあります。
対向式ホーム

・島式ホーム
両側を線路に挟まれた構造のホームです。基本的には上下線両方の乗客を捌く必要があるので、それなりのスペースがないと混雑時にホームすれすれを歩かされる羽目に合います。一方で両側を線路に挟まれるため、拡幅工事をするとなると線路まで総取り換えとなり面倒です。ホームは1本なので、設備面でのコストは安価な方です。両側に線路が通っているので、改札に出ようとすると必ず構内踏切か跨線橋、地下道を渡る必要があります。また、ほかの路線のホームを兼ねた場合乗り換えの面では便利ですが、両方の路線が複線だと最低2面4線となるため、かなり広い敷地が要求されます。ほかにもホームを設置するにあたって、その片端か両端の線路をカーブさせる必要があます。高速で通過する駅ではカーブを緩くさせますが、通過速度によっては相当な距離が要求されるという欠点もあります。
島式ホーム島式ホーム2
曲線区間では右図の左側ような広げ方が可能です。一方で右側は、ホームの片側面を削って距離を短縮した例です。両側面を削ることもあります。この場合、すぼめた部分まで車両が来ると、ホームとの間が広く開いてしまう部分ができたり、極端に狭いと安全性に欠けます。一方で、複線間隔が変化する部分までホームの有効長を確保したり、有効長はそのままに、複線間隔を変化させる距離を稼ぐことも可能です。

・頭端式ホーム
線路の一方が行き止まりとなっている構造のホームです。単式・対向式・島式は問いません。日本全国に線路が繋がっているJRではあまり見ることはできません。もともと機関車で発展してきた国鉄がこの構造を嫌った、というのも理由のひとつです。というのも、とくに日本の機関車の場合、進行方向だけに機関車を連結することが多く、行き止まりになっていると折り返すときはバックする必要があり、さらに機回し線を通って機関車を反対側に付け直さなければならないからです。こうなると運行本数を増やす際のボトルネックにもなります。一方、私鉄は電車で発展してきました。必ず列車の両端に運転台があるため折り返しが簡単なので、そこら中で見かけられます。国鉄でも私鉄を買い取った路線を中心に頭端式ホームが存在します。

・櫛形ホーム
文字通りホームが櫛のような形をしたもの、あるいはコの字型で、頭端式ホームの1種です。多くは島式ですが、鶴見線鶴見駅のように、対向式ホームの一端に通路を設けたものもあります。このタイプもやはり国鉄・旅客鉄道各社ではあまり見られません。
何本もあるホームの一端に通路を設けることでホーム間の行き来が楽になるほか、線路1本を2本のホームで挟み込むことで、片側を降車専用、もう片方を乗車専用のように使い分けることができ、混雑時の混乱を無くしたり、両側で乗降を同時に行えば乗降時間の短縮にも繋がります。
この構造ではホームが繋がっていない側の先端に行くのが大変になります。先端の通路をコンコースとして、その先に駅舎を置く構造が多いからです。そのため、橋上駅や高架駅、地下駅、駅ビルとしてホームの途中に出てこれるように改札を設けていることがあります。
海外ではヨーロッパのターミナル駅を中心に広大な櫛形ホームが多く見られます。機関車を使った高速鉄道の駅でも多用されていますが、これはホームの本数に対して発着する列車が少ないため、折り返しに十分な時間を割くことができるからです。
頭端・櫛形・切り欠きホーム

・切り欠きホーム
文字通りホームの一部を切り欠いた形状のもので、L字のようになっています。基本的にホームが広くなっている方に合わせた線路の間に割り込むようにして、狭いホームにも発着します。銚子駅のJR総武本線と銚子電鉄のホームのように、中小私鉄がJRのホームを間借りするようなときに使われます。

0件のコメント

コメントの投稿

新規
非公開にする

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://harukazehajime.blog115.fc2.com/tb.php/98-427e8911
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

さくらゆーな

Author:さくらゆーな
鉄道熱が再燃して、撮影に模型にいろいろやってます。
最近反核運動に偏ってるのを反省したいけど
知れば知るほど極悪非道な界隈で止まらない…

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

+ アーカイブ
 

最近の記事

カテゴリー

検索フォーム


キーワード

カウンター

トータルカウンター
現在の閲覧者数:

ads3

Mac ソフトのことなら act2.com

Make a donate

もしこのブログを気に入っていただけたら上記アフィリエイトプログラムか下のPayPalでブログ・サイトの維持にご協力ください。

donationPrice

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。